バレンタイン・デー をもっと素敵に。


スタッフのみなさんへ、

こんにちは、オールアラウンドです。もうすぐバレンタイン・デーがやってきますね。

さて、バレンタイン・デーとはどんな日、みなさんご存知でしょうか。ほとんどの人はバレンタイン・デーがどんな日か知らず知らず参加している人がたくさんいるようです。そこで今回はオールアラウンドがバレンタイン・デーとはどんな日なのか書いていこうと思います。

バレンタイン・デーの歴史は、ローマ帝国の時代までさかのぼるとされています。

当時2月14日の翌日、2月15日は豊年を祈願する「ルペルカリア祭」の始まる日でした。当時の若い男性たちと女性たちは戦が頻繁にあり生活が別々でした。そんな別々の生活のなか祭りの前にはあるルールがありました。前日、女性たちは紙に自分の名前を描いて箱のなか入れ、当日2月15日に男性たちは箱から紙を一枚ひき、ひいた紙に書いてある名前の女性と祭りの間パートナーとして一緒にいることと定めていたのです。そしてその多くパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚していきました。

しばらく時が流れ、ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残して兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止しまいました。キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその行為が皇帝の耳に入ってしまい、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようにウァレンティヌスに命令をしました。しかし、ウァレンティヌスは皇帝の命令に屈しず彼らの愛を守り続けました。やがれ皇帝の怒りは頂点に達し、ウァレンティヌスを処刑したとされています。その処刑された日が2月14日だったことから、2月14日をウァレンティヌスの愛と勇敢な行い称える日、そしてすべての愛の誓いの日としたのが起源です。

婚姻を禁止されても、あらがうウァレンティヌスの「はじまりの愛」

ウァレンティヌスが処刑されても、後ろの者たちが受け継いできた「つづいていく愛」

はじまりも、おわりも愛がある素敵なエピソードでしたね。

みなさんも、日本の文化(義理や本命)に汚されず、本当に好きな、本当に愛しているパートナーと一緒にいられる日でありますように、

バレンタイン・デー をもっと素敵に。

※P.S. 2月14日までに名駅支社に来社された方には成瀬から「愛」のプレゼントがあります。ぜひ来社してくださいね。

成瀬より